明石矯正センター > 6歳から12歳までの矯正

6歳までの矯正

6歳から12歳の矯正とは

歯の生え変わりによる異状を防ぐ

保隙装置

この時期は、小児の乳歯歯列から大人の永久歯列にかわる大事な時期です。この時期に一番多く行われるのは拡大装置といって「歯がしっかり生えない」「顎がちっちゃい」といった症状の方に歯を動かすのではなく顎から全体的に動かすような装置をいれます。
この時期のお子様の顎は非常に柔らかく、弾性にとんでいるにので、その拡大装置のみで歯の矯正を終わらすことも可能です。
また、事前の矯正になるので費用的にも安く、この時期に矯正できるといいことはたくさんあります。お子様の場合は非常に柔軟性も高く、装置の慣れも早いためにこの時期の装置で矯正治療が免れれば、患者様にとって利益があることだと思います。
実際に使う装置は奥地に入れる装置の中に、ばねやねじを仕込んだ装置をいれます。それを月に一回程度経過観察しながら顎のひづみ等をとっていく治療が多いです。費用は通常の矯正の半額程度で行えることが多いです。

矯正無料メール相談。アップル歯科のドクターがお応えします。