明石矯正センター > 6歳までの矯正

6歳までの矯正

子供の矯正について

歯の生え変わりによる異状を防ぐ

保隙装置

6歳までの矯正は基本的には行わないとされています。
理由は、お子様は治療的に難しいという部分がありますけど、ただひとつ例外があります。 歯の生え変わりの順番が逆になっている場合は、歯の生え変わりによる異状を防ぐための保隙装置というものを使います。


受け口の矯正

ムーシールド

受け口の場合は6歳以前でも積極的に治療を行います。
その際には「ムーシールド」という癖をとるための装置をいれることで4歳以内から矯正することもあります。
ですが基本的にまだ大人の歯に生え変わる以前の問題なので、ほとんどの場合はこの時期には経過観察をすることが多いです。
他の矯正治療とは少し異なり、正しい成長発育ラインに乗せることを目的とした治療です。

矯正無料メール相談。アップル歯科のドクターがお応えします。