明石矯正センター > 矯正治療でできること

矯正治療でできること

歯並びを変える

乱ぐい歯・八重歯<

乱ぐい歯・八重歯

前歯の並びがボコボコ。八重歯とは、犬歯が飛び出している状態のこと。あごに対して、歯が大きい場合や、乳歯の生え変わりが上手くいかなかった場合に起きます。


出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

上の歯が大きく前に突き出したり、上顎の骨から出ている場合もあります。


受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

下の前歯が上の前歯より、前に出ている状態。横顔も下あごが出ているように見えます。


過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている場合。下の歯が上の前歯の裏の歯茎を噛んでしまい、歯茎を傷つけたりする場合もあります。


開咬

開咬

噛んだときに、上下の歯がかみ合わず、前歯の間があいている状態です。


交叉咬合

交叉咬合

本来、上の歯が外にあるべきなのが、下の歯が外側に出ている状態。かみ合わせが左右にずれていて、あごや顔が左右に曲がっている場合もあります。また、正中線のずれている場合もあります。


あご(骨)の成長をコントロールする

歯並びの悪い人の中には上下のあごの骨の成長に問題を持っている人がいます。
たとえば出っ歯の人の場合、上の前歯が前に出ているだけではなく、上あご(骨)自体が
お顔の中で大きいために、歯が出ている様に見える場合があります。
そのような場合でも、成長期のお子様の場合はあごの骨の成長をある程度コントロールすることができます。


あごの関節(顎関節)と歯並びの調和

ごはんを食べたり、会話をする時にお口を動かす時に動いているのは下あごです。下あごは耳の前で頭の骨といっしょに顎関節(がくかんせつ)という関節をつくっています。 あごが痛い、あごが開きずらい、あごを動かすと音がなるなどの症状は顎関節症と呼ばれその原因の一つに悪い歯並びが考えられます。

歯並びが悪いと歯を支える組織:歯周組織(歯肉、骨)に問題がおきやすくなります。 歯と歯の間のすきまが大きいと、食べ物がダイレクトに歯ぐき(歯肉)にあたって歯ぐきを痛めます。 それによって、歯ぐきの下の骨にまで影響を与えることがあります。 歯並びを良くすることで歯に対する歯ぐきや骨の厚みを変えることが可能です。 矯正治療で歯と歯ぐきの良好な関係を作ることが出来ます。


矯正無料メール相談。アップル歯科のドクターがお応えします。